タバコは心筋梗塞も!グルメのためにチャンピックスを

タバコを吸っていますとグルメな生活を楽しめません。それにはいくつも理由があります。まずタバコを吸っているうちに味覚が落ちます。味覚障害は典型的なタバコの害の一つなのです。そもそも口内炎のような口の中の症状も出てしまいますから、とてもグルメを楽しむ身体ではいられません。また、タバコを吸っているとニコチンによってドーパミンが放出されます。これ自体は快楽物質ですから気分は良くなるのですが、その一方で食欲が落ちます。ドーパミンは快楽はアップ、食欲はダウンという反対の作用があるのです。これ以外にも、タバコを吸うと体内のノルアドレナリンが増えるのですが、これも食欲を落とします。このように、タバコには食欲を減退させる作用が複数含まれますので、味覚障害と合わせて、グルメという面ではマイナスの事ばかりです。タバコはこのほかにも身体中に害がありますが、心筋梗塞もその一つです。タバコによって心臓の冠動脈に障害を起こし心臓の力を弱めてしまいます。ですから、タバコによって心筋梗塞のリスクも自分で増やしているのです。味覚障害や心筋梗塞にならない身体にするためにも、チャンピックスで一日も早く禁煙しなくてはなりません。チャンピックスは上述のニコチンと同じように脳まで達し、脳にあるニコチン受容体と結び付いてドーパミンを出すのですが、チャンピックスならニコチンよりもその量が少ないという特徴があります。そのため禁煙にあたっての離脱症状を結果的に軽減する効果があります。また、チャンピックスが先にニコチン受容体と結び付いていますと、その後タバコを吸ってもニコチンが受容体とつながることができません。よってチャンピックスは禁煙するために大変効果があるということになります。

トップページへ