チャンピックスはアメリカの消費者団体に訴えの要望書

たばこを吸うことによって、有害物質を身体の中へ取り込んでしまいますので、それによって肺がんなどのリスクが高まることがわかっています。
そのために世界や日本では、禁煙することが推奨されていて、たばこを止めることができれば肺がんや呼吸器疾患を発症する危険性を軽減できます。
医療機関の中には禁煙外来が設置されているところもあり、専門的な治療を受けることが可能です。
禁煙外来での診療を受けると、治療薬としてチャンピックスが処方されます。
チャンピックスは喫煙を止められない原因として考えられている、ニコチンよりも先に脳内の受容体と結合する性質を持っていることから、ニコチン不足による離脱症状を軽減しながら、禁煙効果が得られる医薬品として認可されています。
チャンピックスに関しては、服用を継続することによって精神神経系害作用があるとして、アメリカの消費者段階などが訴えを起こしています。
消費者団体に加えて、薬物療法安全性研究所や、アメリカヘルスリサーチセンターなども訴えに加わっており、協力して市民請願書を提出して訴えています。
この消費者団体などの訴えによって、チャンピックスを製造している医薬品メーカーに対して、添付書類を改定させることや、精神神経系疾患へのリスクを軽減させる取り組みを強化することなどの内容を記載した要望書を提出しています。
チャンピックスは医薬品であることから、一定程度の割合で副作用が発症する可能性があることから、専門の医療機関を受診して、医者の診断の下で相談しながら服用することが最適であると言えます。
チャンピックスの服用を継続した結果として、体調不良に陥ってしまったときには、速やかに担当医にその状況について説明をして相談することがおすすめです。

トップページへ