禁煙手当が出る企業に勤めている人はチャンピックス

タバコの煙には数百種類以上の有害物質が含まれているので、喫煙者だけではなく周囲にも迷惑をかけることになります。このために、病院や学校などの公的な施設の大部分では全面禁煙を実施しています。しかし、企業となると喫煙者を完全に除外するわけにはいかないので、分煙システムを導入したり、非喫煙手当や禁煙手当を用意するなどの取り組みが精いっぱいというのが現状です。

なお、タバコが止められない最大の理由は、ニコチンという麻薬と同レベルの中毒性を持つ物質を含んでいることです。この物質は、神経伝達物質と類似した分子構造のために、脳内の受容体に結合するという作用があります。これにより、快楽物質のドーパミンが放出されるので一時的には気持ちがよい状態になるのですが、足りなくなると逆に不快な物質が分泌されてしまうのでタバコを吸わずにはいられなくなります。

このニコチンの作用を利用しているのが、禁煙補助薬のチャンピックスです。ニコチンが結合する脳内のレセプターと代わりに結びつくことにより、少量だけドーパミンを放出するので禁煙しても禁断症状に見舞われることはありません。また、タバコを口にくわえて煙を吐き出すという習慣性依存から脱却できるので、スムーズにタバコを止められるという結果につながります。このために、現在最もおすすめの禁煙アイテムとして医療機関で処方されています。

現在のタバコは、度重なる値上げにより、20本入りの大部分の銘柄は1箱あたり400円を超えています。このために禁煙に成功することで、かなり経済的に余裕が生じることになります。このうえに、禁煙手当までもらえるとなれば丸儲けの様な状態であり、チャンピックスの費用を差し引いてもプラスの収支となるのでおすすめです。なお、チャンピックスはスタートから12週間の間は健康保険が適用されるので、一度の挑戦で成功するのがおすすめとなります。

トップページへ